No.543:夏の東北満喫旅・3日目
決行日 天気 訪問局店数 交通手段 スタート地 ゴール地
2019.08.21(水) 曇り 25 内川目簡易局 沼袋局
 盛岡市を出発する3日目は薄日もさして、昨日の雨からはどうやら解放されそうな天気。ただ、予報では午後にも雨が降るらしいです。
 天気のことは仕方がないので、安全運転と雨の日ならではの景色を楽しむ、なんてのもしてみることにしましょう。
 今日の宿は三陸方面。いよいよ海沿いの地域へと足を延ばしていくことになります。移動距離が長いので、局数は稼げなさそうです。
1 09:02 内川目簡易郵便局 うちかわめ 岩手県花巻市

 盛岡からは、しばらく花巻方面に向かいます。
 国道は交通量が多いですが、それでも市街に出る道は流れています。
 途中、都南大橋が渋滞スポットになっていました。
 これについては昨夕も同じで、ラジオでもよく耳にしました。
 国道396号を大迫市街地に向かい、県道43号に。
 標識の案内では早池峰ダムの文字があります。
 しばらく進んでいくと県道沿いに局はありました。
 9時より少し早めに到着しました。
 開局時刻を待って訪問し、今日の1局目を出発します。

2 09:10 大迫郵便局 おおはさま 岩手県花巻市

 県道を大迫の中心地に向かいます。
 道沿いは民家が点在し、開けた場所です。
 山間の道のような寂しさはありませんでした。
 ワインの看板が多い大迫の市街地。
 旧大迫町はワインが名産だったことがわかります。
 もちろん花巻市になった現在でもそれは変わりません。
 役所や商店が並ぶ通りを進んでいくと局はありました。
 町の中心局らしく大きめの局舎がありました。
 これでおそらく、花巻市の局は完訪になりました。

3 09:26 彦部簡易郵便局 ひこべ 岩手県紫波郡紫波町

 国道396号を盛岡方面に戻っていきます。
 道の駅なんかもあって、往来の多い道です。
 交通量の多い国道4号を避ける車が多いのでしょうか。
 2015年に訪問している佐比内簡易局のところを左折。
 県道228号を進み、国道456号に合流すると局。
 この局、以前にこのあたりを訪問した時にも営業していたはずです。
 しかし、予習不足で地図アプリから漏れて訪問できず
 リベンジを果たし、紫波町の局を完訪することができました。
 事前の予習の大切さを知る出来事でした。

4 10:05 簗川郵便局 やながわ 岩手県盛岡市

 さらに移動距離が大きく開きます。
 国道396号に入って北に進み、標識に従って宮古方面に。
 宮古、なんて目にするとはるばる遠くに来たと実感します。
 さて、県道経由で標高を上げていきます。
 急に高規格のトンネルに入り、抜けると国道106号に合流。
 この道は建設中の簗川ダムの付け替え道路になるのでしょう。
 バイパス区間が終わったところ、左手に局はありました。
 周辺には民家は見当たらず、ダム建設の影響なのでしょうか。
 湛水が始まるころには、局の運命もどうなるのか心配です。

5 10:23 門馬郵便局 かどま 岩手県宮古市

 国道106号を東に進んでいきます。
 純粋に極間距離も開く峠越えの区間です。
 JR山田線の区界駅を過ぎ、線路と並走すると松草駅の集落に。
 旧道らしき集落の道に入ると局はありました。
 静かな山間の集落ですが、局舎の雰囲気がよく似合っています。
 向かいには旧局舎らしき建物がありました。
 取り壊すまでもなく、このあたりは土地がふんだんにありますからね。
 気付けばこの局からは宮古市。
 海まではまだまだ距離がありそうな山里の局です。

6 10:46 陸中川内郵便局 りくちゅうかわうち 岩手県宮古市

 国道106号をそのまま進んでいきます。
 JRの線路に沿っていますが、列車が来ることはありません。
 それだけ列車本数の少ない路線です。
 実は昔、岩泉駅から茂市乗り換えで盛岡まで旅をしています。
 快速リアスの混雑を思い出しますね。
 トンネルと橋が連続する整備された国道を進んでいくと川内の集落。
 このあたりは2009年まで川井村だったエリア。
 集落の規模も門馬局周辺よりまとまっています。
 この先は旧川井村エリアの訪問が続きます。

7 10:55 箱石郵便局 はこいし 岩手県宮古市

 村というと、局数はせいぜい2~3局のイメージ。
 旧川井村にはそれ以上の局数があるので、多めです。
 山間部の自治体は面積も広いですからね。
 国道106号を閉伊川に沿って進んでいきます。
 途中、左手の旧道沿いに局はありました。
 JR箱石駅のある集落の入口ですが、人通りは少なめ。
 国道沿いに局があればもう少し違うのかもしれませんね。
 貯金を済ませて局を後にします。
 山あいの地域は訪問局数がまったく増えません。

8 11:13 小国郵便局 おぐに 岩手県宮古市

 飛び地になっている局を拾っておきます。
 国道340号の交差点を右折して、南に進みます。
 きちんと整備された道なので、走りやすいです。
 この道をずっと進めば遠野市へと続きます。
 山を越えて、土淵郵便局、といったあたり。
 宮古市の小国出張所のあたりで集落への道を左折。
 川沿いに続く集落の中に局はありました。
 小さな局ですが、離れ小島なだけに需要はありそう。
 訪問上のネックになることは間違いなさそうです。

9 11:26 川井郵便局 かわい 岩手県宮古市

 来た道を戻り、国道106号を宮古市街地方面へ。
 宮古市中心部は沿岸部なので、まだまだ先。
 本当にこの先に海があるのか、というくらいの場所。
 しばらく進んでいき、JR陸中川井駅付近に局。
 駅とは川を挟んでいるので、少し距離があります。
 集落は川の両岸に広がっているようです。
 こちらの局は集配局ということで、大きめの局舎です。
 局の向かいを上っていくと、市役所の川井総合事務所。
 局名どおり、この村の中心地ということになります。

10 11:37 腹帯簡易郵便局 はらたい 岩手県宮古市

 JR山田線沿いの国道106号をさらに東へ進みます。
 どれだけ山深いんだよ、と思うほどの道です。
 ただ、幸い道は走りやすいのでストレスはないです。
 国道41号の方がよほど面倒な道ですね。
 閉伊川沿いの旧道に下り、そのまま進んでいくと集落に。
 お米屋さんの建物に併設された簡易局でした。
 ちょうど局員さん家族が外に出ていました。
 「いらっしゃいませ」と声を掛けられるのもうれしいですね。
 やはり山里には簡易局が似合うと思いました。

11 11:47 新里郵便局 にいさと 岩手県宮古市

 国道に復帰し、そのまま東に進みます。
 国道340号と分岐する交通の結節点、茂市に出ました。
 かつてはJR岩泉線が分岐していた茂市駅のある集落です。
 このあたりは旧新里村のエリアにあたります。
 駅前に続く道を進むと大きな局舎が出てきました。
 局舎は大きいですが、こちらは集配局ではないようです。
 かつては集配局だったのでしょうが、廃止になったのでしょう。
 お客さんは他におらず、すぐに受け付けてもらえました。
 この先は少し東に向かって寄り道をしていきます。

12 11:58 蟇目簡易郵便局 ひきめ 岩手県宮古市

 そのままずっと東に向かえば宮古市街地です。
 訪問局数を伸ばすなら市街地に向かうのもあり。
 ただ、今日の目標は、今後の訪問を見越した開拓。
 そんなわけで、宮古市街地はパスします。
 とはいえ、新里郵便局から近い場所にある蟇目簡易局に向かうことに。
 国道106号をしばらく進んでいくと、左手の農協の隅に局。
 こちらの簡易局は2014年の再開時に貯金を開始しています。
 まだ新しそうな建物はそのせいなのでしょう。
 農協のATMが設置されているあたりもおもしろいですね。

13 12:10 刈屋郵便局 かりや 岩手県宮古市

 国道106号を戻り、茂市から340号に入ります。
 集落を抜けても走りやすいバイパス区間が続きます。
 途中で刈屋川を渡り、集落の中の道へ入りました。
 地図では旅館なんかもあるまとまった集落です。
 局も集落のメインストリート沿いにありました。
 わかりやすい建物で、大きな建物が目立ちます。
 局の向かいには旧局舎らしき建物もありました。
 そしてさらに、JR岩泉線の廃線跡もはっきりと見て取れました。
 この集落には岩手刈屋駅がありました。


おそらくこれが旧局舎。
14 12:18 和井内郵便局 わいない 岩手県宮古市

 国道をしばらく遠野市街地方面に向かいます。
 遠野の郵便局めぐりは夢だったんですよね。
 遠野物語のイメージが強すぎて、伝説の街みたいな。
 休日に市内をドライブしたことはあるのですが。
 猿ヶ石川沿いに出ると、鱒沢の集落に入ります。
 線路沿いですが、ちょうど都合よく列車が来るはずもなく。
 猿ヶ石川を渡り、集落に入ると局はありました。
 さっぱりとしていてまだきれいな局舎でした。
 貯金もすぐに処理してもらい、次へと向かいました。

15 12:46 岩手大川郵便局 いわておおかわ 岩手県下閉伊郡岩泉町

 国道107号を南に進んでいきます。
 少しずつ山を上っていく道です。
 この道も、最終的には沿岸部の大船渡市に続きます。
 進んでいくと、山あいの小さな集落に局。
 大きくてまだ新しそうな局舎でした。
 郵便番号の末尾が99なので、こちらは集配局でしょう。
 この集落自体は小さくても、配達するエリアは広いんでしょうね。
 山間部では民家が点在していますからね。
 集配局の集約が、配達側にもメリットがあるとよいのですが。

16 13:04 釜津田簡易郵便局 かまつだ 岩手県下閉伊郡岩泉町

 小友の集落からは山越えの道に入ります。
 国道283号に戻るよりも速いかな、という期待です。
 ショートカットという感じではないんですがね。
 釜石道をくぐり、国道交差点の先をナビが案内します。
 しかし、どう見てもここはお寺さんだ。
 ひとまず車を降りて歩くと、なるほどお寺の中に局。
 貯金をしてくれる局員さんも多分お坊さんです。
 趣のある建物がお寺を実感させてくれます。
 それにしても、お寺の局っていうと、なんだか安心です。


電飾も施されていて、なかなかの存在感。
17 13:30 岩手浅内簡易郵便局 いわてあさない 岩手県下閉伊郡岩泉町

 JR釜石線の踏切を渡って、線路の北側に出ます。
 列車が走っているところも見たいものですが。
 1時間に1本ない区間。見られたらかなりレアでしょうね。
 田んぼの中を走っていきますが、雨のせいで水たまりが多い。
 適当な道から国道396号に出て、東に進むと局。
 屋根が特徴的でお洒落な局舎でした。
 雪が多い地域ならではでしょうかね。
 南に行くとJR綾織駅ですが、駅までは少し距離があります。
 まあ、列車で来局する人はほとんどいないでしょうが…。

18 13:41 袰綿郵便局 ほろわた 岩手県下閉伊郡岩泉町

 ひとまず道のりが短いルートを…というわけで。
 綾織郵便局からそのまま北に進んでいきます。
 山道になりますが、道幅はきちんと確保されています。
 雪の季節でなければ、走るのに苦労はないでしょう。
 今日みたいな雨の強い日は注意した方がよさそうですが。
 東禅寺川を渡ると県道160号に出て、東に進んでいくと集落の中に局。
 山あいの小さな集落の小さな局でした。
 附馬牛とは、これまた印象的で難読な地名です。
 馬がいても牛がいてもびっくりはしないようなところです。

19 13:49 小川郵便局 こがわ 岩手県下閉伊郡岩泉町

 県道160号を南に進んでいきます。
 遠野市街地方面に抜ける道ですが、快適な道でした。
 ところどころカッパの看板があるのも遠野らしいです。
 カッパ淵付近の信号交差点から東に進んでいくと局。
 伝承園の駐車場はカッパ淵に行った時に利用しました。
 そんなわけで、遠野物語の舞台ともいえる場所にある局。
 なんだか特徴的な屋根の郵便局です。
 遠くから見たらカッパの形になっているとか?
 雨なのでそれを確認することなく局を出発しました。

20 14:12 岩泉郵便局 いわいずみ 岩手県下閉伊郡岩泉町

 国道340号に合流して西に進みます。
 土淵郵便局付近は、国道がバイパスになっていたんですね。
 そんなわけで、走りやすい国道を進んでいくと遠野バイパスの交差点に。
 大きな交差点で、信号待ち時間も少し長めです。
 交差点を過ぎるとすぐに局はありました。
 この道は国道と市街地とを結ぶ交通量の多い道。
 郵便局の立地条件としては当たり、というか狙い通りでしょうね。
 お客さんの数も多めでした。
 遠野市街地はそれほど広くはないですが、数局拾います。

21 14:35 有芸簡易郵便局 うげい 岩手県下閉伊郡岩泉町

 遠野市街地を南に進んでいきます。
 JR釜石線の線路の南側に出ると、いよいよ中心地。
 お店も多く、そこそこ市街地を形成しています。
 天気もあるでしょうが、街を歩く人はほとんど見当たりません。
 わき道に入ると局はありました。
 遠野市の中心局で、集配局、ゆうゆう窓口もあります。
 ただ、都市規模が小さいので、局舎も小ぢんまりとしています。
 町村でもこれくらいの局舎は見かけますからね。
 そんなこんなで遠野市の中心局を無事訪問です。

22 15:01 小本郵便局 おもと 岩手県下閉伊郡岩泉町

 遠野市街地を西に進んでいきます。
 昔ながらの商店なんかも建ち並んでいます。
 この道は仲町通りというらしく、観光客も来るのでしょうか。
 丁字路にぶつかり、左折して道なりに行くと局。
 道路の配置は昔ながらで、鍵も多くてうねうね。
 こちらの局は蔵の街らしい感じの局舎になっています。
 駅からの距離も程よいくらいでしょうか。
 かといって、ここまで観光客が来るとも思えないんですが。
 訪問し終えて、これで遠野市街地はコンプリートでしょうか。

23 15:20 田野畑郵便局 たのはた 岩手県下閉伊郡田野畑村

 JR釜石線沿いを東に進んでいきます。
 Googlemapsでは渋滞中の赤色になっている道です。
 お盆だし、そういう予期せぬ渋滞もあるのかな。
 そんなことを思いながら走っていくと、いやいやスイスイ。
 国道283号遠野バイパスを横断して進むと集落の中に局。
 局員さんがワンオペで、なかなか混雑しています。
 お盆なので、局員さんも夏休み中なのでしょう。
 小さな集落で、JR青笹駅からも北に大きく離れています。
 遠野市は思っていたよりも局数が多いですね。

24 15:31 平井賀郵便局 ひらいが 岩手県下閉伊郡田野畑村

 青笹局からは南東に進んでいきます。
 広い道を進むので、走りやすかったです。
 国道の東側を並走しているからか、交通量も多めです。
 猫川なるかわいらしい川を渡ると局はありました。
 ささやかな集落ですが、農協の支店なんかもありました。
 農協があると、ああ、まとまった集落だな、と思います。
 大きめの局舎ですが、集配局というわけではありません。
 ただ、ATMのホリデーサービスは土曜に限ってあるみたいです。
 岩手上郷の局名は、近くのJRの駅名とも一致しています。

25 15:48 沼袋郵便局 ぬまふくろ 岩手県下閉伊郡田野畑村

 岩手県であっても「岩手」の付く局名は珍しいです。
 南に進んでいくと、国道340号に合流します
 釜石自動車道の遠野住田インターに出ました。
 そのままくぐって南に進み、長いトンネルを抜けます。
 山がちですが、快適な国道を進むと気仙郡住田町に入ります。
 集落に入っていくと局に到着。
 局名は上有住で、このあたりの集落の名前と一致しています。
 JR釜石線の上有住駅はかなり遠いので、とても歩けません。
 駅は集落への玄関という意味合いもあるのでしょう。

   
旧矢作村は1955年まで存在。そして盛岡に移動し、夜の街で一杯!
 この後は、盛岡市まで移動して、市街地のホテルに宿泊しました。値段のわりにはかなり良い宿で、ゆっくりと休むことができました。
 盛岡市街地への宿泊は初めてではないのですが、こうして旅の途中で立ち寄ると都会だな、と感じてしまいます。
 8月というのにこの涼しさ。ちょっとびっくりしながら宿への道を歩いて帰りました。明日はいよいよ沿岸部に抜けます。

 

 

翌日へ

戻る