No.481:ぐるり東北・山と祭りめぐり・2日目
決行日 天気 訪問局店数 交通手段 スタート地 ゴール地
2017.08.15(火) 雨のち曇り 36 陸前長崎局 薄衣局
 1日目の大幅なルート変更により、2日目も当然、大幅な変更を余儀なくされ、昨晩は訪問順序を一から練り直しました。大きな作業でした。
 栗原市内山間部の訪問は済ませてしまいたく、ぐるりと回ってから一関市山間部を目指していくようなコースとします。
 今日も市街地の集中訪問はないので、局数の伸びは期待できません。とはいえ、いままで行ったことのない地域の開拓に期待が高まります。
1 09:03 陸前長崎郵便局 りくぜんながさき 宮城県栗原市

 スタート局を宿から遠くない局に設定します。
 そうすることで、宿の出発を遅めに設定できます。
 朝がのんびりできるのは幸せですね。
 せっかくのお休み。ホテルの朝食をのんびりいただきます。
 県道や国道を経由しながら一迫の市街地を抜けます。
 さらに山に向かって西に進み、田園風景の中に局。
 小雨が降り、このときばかりは傘をさして訪問しました。
 ずっと雨降りが続く旅でしたが、局訪問中に傘をさしたのはこのときだけでした。
 旧国名を冠したなんとなくかっこいい局名でスタートです。

2 09:11 金田郵便局 かねた 宮城県栗原市

 適当な道には行って北西に向かいます。
 小高い山を越えるとすぐに次の集落です。
 基本的に田んぼが広がるのどかな土地。
 雨に濡れる青い稲穂が景色の主役です。
 こういう景色には、雨も似合うもんですよね。
 呑気なことを言っていられるのは、車に乗っているからですが。
 県道178号に出て集落を進むと局はありました。
 この局には風景印があり、貯金と合わせて押してもらいます。
 それでも時間はかからず、短時間で局を後に。

3 09:28 花山郵便局 はなやま 宮城県栗原市

 県道178号から国道457号に入ります。
 さらに国道398号に入り、標識には「湯沢」の文字が。
 この道を進むと湯沢に出るのか…という素直な感動。
 栗駒の山々を経て、確かに道は湯沢に続いているようです。
 その山並に突入する手前、最後の郵便局があるのが花山地区。
 旧花山村の中心地は、ダム建設に伴う集団移転でできた中心地にあります。
 国道沿いにあり、役場などの施設も集まる区画です。
 花山湖を望む、なかなか素敵なロケーションの集落です。
 またゆっくり再訪したい場所だと思いました。

4 10:00 秋法郵便局 あきのり 宮城県栗原市

 県道178号に入って東に進んでいきます。
 ダム沿いから山を分け入って、その先で国道457号に出ます。
 細倉マインパーク近くの交差点も国道にそって東に折れます。
 いよいよ秋法郵便局発見。にこにこ。
 エンジンを止めて車を降り…ん?財布がない。
 座席の下、隙間、探しまくっても、ない。
 不安とある予感。花山郵便局に電話をすると、不安は的中。
 さあ、往復20分のドライブ。花山の再訪は期せずして訪れました。
 痛すぎるタイムロスというか、自分の不注意に泣けます。

5 10:09 文字郵便局 もんじ 宮城県栗原市

 財布を忘れるなんて、いままでにないことです。
 いや、実際には実はあるんですよね。
 山梨県の大泉郵便局に置き忘れた事案。
 このときは友人の車と運転だったので、後日郵送してもらったのでした。
 しかし今日は免許証も入った財布。困ったものです。
 さて、細倉マインパークの横を過ぎ、県道180号、179号を北上。
 しばらく行くと右手になんだか趣のある局舎を発見。
 局では本に挟む栞をいただきました。ありがとうございます。
 局では風景印を作成中だとか。近々配備されるでしょうか。

6 10:22 沼倉郵便局 ぬまくら 宮城県栗原市

 文字からはまっすぐ東に向かいたいところ。
 道を探してみると、この道行けそう。
 山に向かって伸びる道は思っていたよりも広い。
 途中までは2車線で、狭くなっても走るのには不便なさそうです。
 山を越えてまた田んぼの中を走っていくと国道457号に出ました。
 北上していくと局は右手にありました。
 国道から少し引っ込んでいるので、目立たない局です。
 注意して走っていないと見落としてしまいそうです。
 ここのゴム印は、栗駒山が描かれた緑色のゴム印でした。

7 10:36 栗駒郵便局 くりこま 宮城県栗原市

 国道457号を岩出山方面に南下していきます。
 しばらく行くと栗駒の市街地に入りました。
 なかなか賑やかそうな、まとまった市街地です。
 三迫川を渡る橋の手前に局はありました。
 大きな局舎で、お客さんの数も多かったです。
 茶色のスタンプを使った馬の絵のゴム印がなんだか素敵です。
 渋い。でも栗駒をそのまま表したようなゴム印です。
 さて、この栗駒市街地、かつては駅があったよう。
 くりはら田園鉄道の駅がこの近くにあったんだそうです。

8 10:44 尾松郵便局 おまつ 宮城県栗原市

 国道457号で三迫川を渡ります。
 踏切の跡地らしいところを渡ってさらに南へ。
 しばらく進んでいくと局は右手にありました。
 駐車スペースはわき道沿いにあるも満車。
 駐在所側からアプローチして局に入りました。
 不思議なのは、お客さんはいないのに駐車場が埋まっていること。
 近所の人が駐車場代わりに使っているんでしょうね。
 ちょうどお盆の帰省シーズン。これは避けられないのかな。
 今度は旧鴬沢町の市街地に向かって進みます。

9 11:11 鶯沢郵便局 うぐいすざわ 宮城県栗原市

 国道に沿って西に進んでいきました。
 集落の中を縫って進む国道は、途中で工事中。
 ナビが田んぼの中の道を案内するのも納得です。
 二迫川を渡ると鶯沢の中心地です。
 市役所の総合支所なんかもあって、町の中心といった雰囲気。
 栗駒と比べるとかなり小さな町だな、と思います。
 局は国道沿いでわかりやすい場所にありました。
 窓口が思うように進まず、かなりの時間を待たされました。
 東京の局のように手際よく、とはいかないようです。

10 11:20 田高田簡易郵便局 たこうだ 宮城県栗原市

 県道17号に抜けて、しばらく南下します。
 田んぼの中を一気に進んで、ちょっとずつ上り坂に。
 県道42号になって、そのまま進んでいくと左手に局はありました。
 一段上がった場所に局があるようで、アプローチの道は狭い道。
 小型車なので難なく上ります。
 学校の跡地?とも思えるような場所。公民館でしょうか。
 局の前は広場のようになっていて、車は置けます。
 一気に山奥に来てしまったように見えます。
 局名はおもしろく、上から読んでも田高田。下から読んでも?

11 11:29 姫松簡易郵便局 ひめまつ 宮城県栗原市

 適当な道を経由して県道17号に入ります。
 このあたりは東西の移動もしやすかったです。
 県道を走っていると、なんだか味のある局を見つけましたよ。
 取れかけた英語表記。
 簡易局になる前の「姫松郵便局」でしょうか。
 調べてみると1993年に特定局から簡易局になっています。
 検索画面では保険の取り扱いがなかったので、農協併設かと思っていました。
 実際に来てみるとこの局舎の雰囲気に感動します。
 素敵な局舎がこれからも残ってくれるとうれしいです。

12 11:40 宮野郵便局 みやの 宮城県栗原市

 このまま南下していくと昨日の一迫に出ます。
 うまくルーティングするためにここは何度も練りました。
 適当な道を通って築館の市街地方面に向かいます。
 朝まで滞在していたホテルの近くに出ます。
 局は国道4号に合流する手前の県道沿いにありました。
 わりと新しそうな局舎で、水色が涼しげです。
 涼しげといっても、今日はちょっと肌寒いくらいです。
 局では貯金と風景印押印をしてもらいました。
 時間がかからず迅速で、すぐに局を後にできました。

13 11:46 富野簡易郵便局 とみの 宮城県栗原市

 国道4号に入って北を目指していきます。
 そういえば築館は、2011年の東日本大震災で最大の震度7を観測した場所。
 2008年の岩手・宮城内陸地震でも、栗原市は一迫で震度6強を観測しています。
 たびたびの地震に見舞われ、そこから復興した栗原市。
 こうして旅できることを噛みしめながら進みたいところ。
 国道4号を北上して、途中で左折します。
 集落に入ると右手に局はありました。
 局舎はどう見ても旧特定局のようです。
 調べてみると、2006年まで富野郵便局だったようです。

14 11:56 栗原簡易郵便局 くりはら 宮城県栗原市

 国道には戻らず北に進んでいきます。
 適当な道をナビされながら進み、ショートカット。
 県道181号に出るところで局はありました。
 小さな簡易局で、交差点に面しているので駐車場所に困ります。
 ホームページの案内にある駐車場4台分はどこでしょうか。
 県道沿いに車を置いて訪問することにしました。
 ここは市の名前でもあるくりはらを名乗っています。
 しかし小さな簡易局で、中心となる集配局ではありません。
 具体例が思いつきませんが、こういう場所、いくつかありますね。

15 12:07 沢辺郵便局 さわべ 宮城県栗原市

 栗原市の山あいの訪問もだいぶ片付きました。
 ここからはいよいよ岩手県方面に向かって進みます。
 思いのほか長く宮城県に滞在しています。
 臨機応変に旅ができるのも、長い休みの良さではありますが。
 県道を東に進んで、国道4号にぶつかりました。
 さらに金成総合支所のある沢辺の集落に向かいます。
 沢辺駅跡付近、市役所支所の向かいに局はありました。
 駐車スペースが狭いので、役所の駐車場に停めて訪問しました。
 この方が安心して局を訪問できると思います。

16 12:14 金成郵便局 かんなり 宮城県栗原市

 北に向かって進んでいき、国道4号と交差。
 さらに続く市街地は、間口が狭く奥行きの長い昔ながらの民家。
 奥州街道の街道筋だったことが地図を見るだけでもわかります。
 そんな金成の市街地を走り、街道から少し入った場所に局。
 比較的大きな局舎が目立たない場所にありました。
 ここには風景印も設置されていたので押してもらいます。
 この旅で宮城県最後の風景印押印となりました。
 岩手県入りするまでにまだいくつか局があります。
 ルートを大きく外れない程度に拾っていきたいと思います。

17 12:24 有賀郵便局 ありが 宮城県栗原市

 県道186号に入って東に進みます。
 長閑な景色の中を進んでいき、東北自動車道をくぐります。
 さらに東北新幹線をくぐりました。
 今日なんかはUターンラッシュのピークだそうですね。
 高速道路も新幹線も上りが混むのでしょう。
 お盆を過ぎても旅を続けられることに感謝です。
 途中で県道185号に入ると局はありました。
 有賀を「あるが」と読みたいのは、長野に住んでいたせいでしょうか。
 長野県には「あるが」さんが多かったです。

18 12:37 有壁郵便局 ありかべ 宮城県栗原市

 県道185号を北上していきます。
 途中で行ったり来たりする道で、まっすぐ北上してくれません。
 距離も開くので、ひたすら走っていく感じですね。
 JR東北本線の踏切を渡り、広い県道で左折すると局。
 いかにも昔ながらの宿場町の雰囲気です。
 奥州街道の有壁宿として栄え、築館宿、宮野宿、沢辺宿、金成宿に続きます。
 そう考えると、沢辺と金成はかなり近いような気がします。
 広い県道沿いは良く整備されていますが、宿場の雰囲気はありません。
 閑散とした静かな集落ですが、JRの駅もあって便利です。

19 12:53 金沢郵便局 かざわ 岩手県一関市

 県道から国道342号に合流します。
 信号待ちもなくすんなり入れたことに満足。
 この国道は一関街道の名のとおり、一関へと続きます。
 気付けばここはもう岩手県一関市。
 旧花泉町のエリアを訪問していきます。
 途中で国道を離れて右手に進んでいくと、集落の中に局。
 清水原駅とも少し距離のある静かな集落です。
 意外にも風景印が設置されていたので押してもらいます。
 この先の局は風景印設置局が多かったです。

20 13:01 花泉郵便局 はないずみ 岩手県一関市

 国道342号に戻ってしばらく南下します。
 この道はいったいどこに続くのやら。
 調べてみると、石巻方面へと繋がっているんですね。
 石巻もそろそろ訪問してみたいと思う場所です。
 一時閉鎖中の郵便局に動きが出れば、ぜひとも訪問したいところ。
 さて、川を渡って花泉の市街地に入ります。
 花泉駅に続く中心地に局はありました。
 花と泉。なんだか絵にかいたような素敵な地名です。
 町自体はいたって地味な印象でしたが。

21 13:07 涌津郵便局 わくつ 岩手県一関市

 JR東北本線の花泉駅付近に出ました。
 このあたりは商店も多く活気があります。
 町の中心という雰囲気がありますね。
 一関街道に入ってそのまま南下していきます。
 街道が右に大きく折れるところ、局はありました。
 いかにも集配特定局でした、という感じの局舎です。
 郵便番号から判断すると、現在は集配は行っていないようですね。
 花泉局とも近いので、効率的に運用できるんでしょう。
 ここからは合併後の一関市、山あいの地域を訪問します。

22 13:18 日形簡易郵便局 ひがた 岩手県一関市

 県道21号に入って東に進んでいきます。
 番号が若いだけあって、走りやすい道です。
 山を越える県道はスムーズに流れています。
 この先にある集落も限られているので、交通量自体が少ないです。
 北上川沿いの集落に出ると、局は川沿いにありました。
 建物の雰囲気からして旧特定局かと思いました。
 調べてみるとやはり1991年まで日形郵便局とあります。
 これだけ静かな集落だと、簡易局でも十分なんでしょうかね。
 集落の規模と局の規模は必ずしも一致しませんが。

23 13:28 黄海郵便局 きのみ 岩手県一関市

 県道21号をそのまま北東へ進みます。
 北上川に沿って進み、やがて川を渡ります。
 このあたりでも十分に多いな川だな、と思わせる貫禄。
 しばらく行くと集落に入り、黄海局がありました。
 こちらも集配局のような雰囲気ですが、集配は廃止されているようです。
 海から離れたこの場所に、この地名は何か意味があるんでしょうね。
 きのみ、といえば木の実ナナが頭に思い浮かびます。
 もはやどうでもよいことばかりです。
 黄海も木の実と書くと、途端に山っぽくなりますね。

24 13:40 藤沢郵便局 ふじさわ 岩手県一関市

 海に憧れて、木の実に黄海をあてたんでしょうか。
 そういえば、宮沢賢治も北上川をイギリス海岸と見立てていました。
 山国に暮らす人たちの海への思いは強いものです。
 県道21号をそのまま東に進んでいきます。
 すると、なぜ突然?というほど急に市街地に入ります。
 このあたりが旧藤沢町の中心地です。
 2011年に一関市と合併するまでは比較的最近まで単独の町でした。
 国道456号沿いに局はありました。
 てきぱきと風景印も押してくださり、助かります。

25 13:49 保呂羽郵便局 ほろわ 岩手県一関市

 県道295号に入りました。
 とはいえ、何の変哲もない道です。
 山に続く道ではありますが、カーブも少なく走りやすいです。
 しばらく進むと局は左手にありました。
 新しい局舎ではないのですが、どことなく近代的に見えます。
 おそらく、入口にある局名表示のせいでしょうね。
 見やすく大きく書かれた局名が、古さを感じさせません。
 さて、この先は津谷川簡易局がありますが、今日はパスします。
 またいつかこの地域を訪問する際に立ち寄りましょう。

26 14:02 小梨郵便局 こなし 岩手県一関市

 東北地方の海沿いは、たしかに訪問の機会がありません。
 本格的に東北を長旅できるようになったのは社会人になってから。
 しかし社会人2年目の終わりに発生した東日本大震災。
 もう6年半を迎え、復興も確かに進んでいるものの、訪問できずにいます。
 これは震災後10年を目安に訪問していきたいところです。
 さて、保呂羽からは山あいの道を進んでいきます。
 地図で見るほど深い山でもなく、小高い丘を越えるような道ばかり。
 暗くて憂鬱になるようなこともなく、小梨郵便局に到着できました。
 小梨なんていうと、松本ぼんぼんの歌を思い出しますね。

27 14:15 千厩郵便局 せんまや 岩手県一関市

 小梨から西に向かっていく道は走りやすいです。
 いつの間にか国道284号気仙沼街道に出ていました。
 国道に入るとすぐに局はあります。
 集配局だけあって大きな局舎で、お客さんも多めです。
 しかし驚くのは、この街の都市規模です。
 旧千厩町。地方の山間部の町と侮れません。
 局の向かいにはTSUTAYA。国道沿いにチェーン店も多数。
 スーパーにカーディーラーにセルフスタンドにほっともっと。
 なかなか充実のラインナップに驚きを隠せません。

28 14:25 磐清水簡易郵便局 いわしみず 岩手県一関市

 千厩警察署付近から北上していきます。
 ここにはちゃんと警察署も置かれているんですね。
 合併して一関東警察署とかになっていないのが素敵です。
 国道456号はJRドラゴンレール大船渡線に沿って北に進みます。
 なにがドラゴンなのか昔からずっとわからないでいます。
 線路をオーバーパスして少し行くと左手に局はありました。
 商店に併設されているようです。
 貯金をしてもらいますが、珍しい取扱いなのか時間がかかりました。
 たしかに、引き出す人はいても、預ける人は少ないのかも。

29 14:35 奥玉郵便局 おくたま 岩手県一関市

 磐清水からは山に分け入る道を東に。
 少し見通しの悪い山道を走って、集落に出ます。
 山また山と走っても、小さな集落が点在しています。
 長野県とかだと、これがずっと山、みたいなところが多いですよね。
 この集落はわりとまとまって民家があります。
 局舎も集配局のサイズですが、現在は集配はなさそう。
 おくたま、と聞けば、東京の最果てを思い浮かべてしまいます。
 青梅線沿線で暮らしていたので、奥多摩への思いは強いです。
 どちらも山間部、という点では共通していますね。

30 14:49 曽慶郵便局 そげい 岩手県一関市

 どんな道を走って北上したのだろうか。
 地図を見たってちっとも浮かんできません。
 ラジオから流れてくるのは「ロックなんて聞かない~」の歌声。
 今年の夏はこの歌ばかりがかかります。
 毎年、旅の途中でかかる曲。どこのラジオ局も今月のパワープレイ。
 ずっとラジオを流して走っているんだから、2時間に1回くらいは聞きます。
 1日に4回聞いたとして、6日ドライブしたら24回は聞いています。
 ものすごい宣伝効果…と思っているうちに、オシャレな局舎に到着。
 三角屋根がかわいらしく、開け放った窓からは涼しい風が。

31 15:01 摺沢郵便局 すりさわ 岩手県一関市

 本当にまったくと言っていいほど冷房がいりません。
 車内では曇り防止のために弱めで付けていますがが。
 外の空気はずっと25℃くらいという快適な夏です。
 さて、国道343号に出ます。
 この道は今泉街道と呼ばれている道。今泉とは。
 調べてみると、陸前高田の中心地が今泉のようです。郵便局もあります。
 残念ながら震災の影響でその今泉郵便局は閉鎖中。
 摺沢の市街地に局はあり、ちょうどお祭りの装飾がありました。
 お盆はどこに行ってもお祭り。素朴な景色が心に沁みます。

32 15:14 東山郵便局 ひがしやま 岩手県一関市

 なんていうか、夏の一番いい時期。
 儚くて、あっという間に過ぎてしまう夏の一瞬。
 胸にグッとくるものを感じてしまうんですよね。
 夏生まれ、暑い街育ち。今日の東北は、どうやら秋の空気。
 県道19号を西に進んでいきます。
 JR猊鼻渓駅のある集落に局はあります。
 砂鉄川の風光明媚な景色。ちょっと立ち寄りたいけど今日は我慢。
 宮沢賢治が一時期を過ごした山あいの小さな町です。
 町の産業を支えた豊富な鉱物資源が、彼の作品にも登場します。

33 15:26 松川町郵便局 まつかわまち 岩手県一関市

 猊鼻渓から続く砂鉄川沿いを南下していきます。
 そもそも川の名前からして鉱物を連想させますね。
 陸中松川駅付近に出て、ここには石と賢治のミュージアムがあります。
 ぜひ行きたいですが、これも我慢我慢。
 いったい私はなんのために旅をしているのでしょう。
 賢治が勤めていた砕石工場があるのもこのあたりです。
 話がどんどん宮沢賢治に傾くのはご容赦ください。
 そんな松川の集落の中に局はあります。
 局の前のスペースがやたらと広く、道路の拡幅でもあるのでしょうか。

34 15:36 門崎郵便局 かんざき 岩手県一関市

 県道282号をそのまま南下していきます。
 途中で砂鉄川を橋で渡ります。
 ま、橋以外に渡る方法はないんだけども。
 陸中門崎駅付近に局はありました。
 門崎と書いて「かんざき」なので、これは読みづらいです。
 門崎。実はかなり気になっている土地です。
 めちゃめちゃうまいらしい、門崎熟成肉がいま話題になっているんです。
 職場の近く、六本木に門崎熟成肉が食べられるお店があるらしく。
 調べてみると、この近く、薄衣にも店舗があるんですね。

35 15:47 薄衣矢作郵便局 うすぎぬやはぎ 岩手県一関市

 だめだ、頭の中が肉でいっぱいだ。
 六本木でいただいたらおいくら万円なんでしょうか。
 機会があったらぜひ食べたい食べたい食べたい。
 砂鉄川はいよいよ北上川に合流し、川崎町の市街地に出ます。
 北上川に架かる橋が美しいシルエットで、思わず目が向きます。
 薄衣郵便局が近いですが、時間的にあと2局。
 その先にある薄衣矢作郵便局を先に訪問します。
 風景印が設置されていて、押してもらいました。
 ちょっと上司としては手ごわそうな局員さんがいました(笑)。

36 15:56 薄衣郵便局 うすぎぬ 岩手県一関市

 国道284号を一関方面に向かって走ります。
 いや、既にここも一関なんですが。
 そんなこと言っても、一関が広すぎるんですよ。
 広く整備された国道沿いに局はあります。
 駐車場も広々としていて、なかなか素敵な局舎でした。
 薄衣という地名がなんともいえない奥ゆかしい雰囲気。
 そして局の向かいには道の駅が整備されています。
 明日はここ川崎の花火大会だそうです。
 山あいのきれいで素敵な街に出会い、今日の訪問は終わります。

   
大東町大原にある宿に宿泊。ちょうど、だるま祭りというお祭りの日でした。   
 川崎町から大東町まで車を走らせ、小さな旅館に泊まりました。ちょうどお盆の街は、夜になると神輿も出るお祭りが行われていました。
 地元の人たちに混じってのんびりと宿場町の夜を歩きます。こうして夜の宿場町を歩くのは初めてのことです。
 初めて来た所なのになんだか懐かしいような、胸がざわざわする感じは何でしょうね。静かな宿で早めに床に就き、布団をかぶって寝ました。

 

 

翌日へ

戻る